教室沿革

医局に関する事項を人事を中心に年表にしてみました。
ただし紙面の都合上,200名を越す教室員の人事を枚挙することはできませんので、主な教室人事のみを大学の行事と並行して記載させていただきます。

昭和554
香川医科大学内科学講座第一内科開講(入野昭三教授)
昭和563
基礎臨床研究棟竣工に伴い医局開設
昭和5711
医学部附属病院および臨床講義棟の竣工
昭和584
河西浩一助教授の中央検査部長就任に伴い、助教授に高原二郎先生、講師に倉田典之先生、石田俊彦先生が就任
昭和5811
医学部附属病院開院
昭和599
医学部附属病院東病棟の竣工
昭和604
総合外来診療部設置(講師に樋端先生が着任)
昭和624
総合外来診療部講師に塩谷泰一助手が就任
昭和633
香川県立中央病院内科部長に田村敬博助手が就任
平成24
総合診療講座開設(平成元年)に伴い、同助教授に倉田典之講師が就任
平成25
輸血部開設に伴い、同講師に池田和眞助手が就任
平成34
香川医科大学学長に入野昭三教授が就任
平成39
高原二郎助教授の第一内科教授就任に伴い、助教授に倉田典之総合診療部助教授が就任、総合診療部講師に岡田宏基先生が着任
平成44
坂出市立病院院長に塩谷泰一講師が就任
平成611
倉田典之助教授退任に伴い、助教授に石田俊彦講師、講師に永井雅己助手が就任
平成98
香川医科大学医学部看護学科が開設
平成911
池田和眞輸血部講師の岡山大学医学部輸血部講師就任に伴い、輸血部講師に窪田良次助手が就任
平成119
香川医科大学看護学科教授に田中輝和講師が就任
平成124
香川医科大学副学長(教育研究および厚生補導担当)に高原二郎教授が就任
平成1212
石田俊彦助教授、第一内科教授に就任
平成132
藤田次郎助手、第一内科講師に就任
平成133
第一内科助教授に永井雅巳講師、第一内科講師に徳田道昭助手が就任
平成138
総合診療部講師に細川等助手が就任
平成1410
香川大学保健管理センター教授に、鎌野寛 同センター助教授が就任
平成1510
香川大学医学部内科学講座第一内科学教室に改称
平成164
香川県立保健医療大学副学長に高原二郎副学長が就任
平成169
岡山大学医学部・歯学部附属病院総合患者支援センター副部長に、岡田宏基医療情報部助教授が就任
平成171
坂出市立病院院長塩谷泰一先生が徳島県病院事業管理者に就任
平成174
徳島県立中央病院院長に永井雅巳助教授が就任
平成175
琉球大学大学院医学研究科感染制御医科学専攻感染病態制御学教授に、藤田次郎講師が就任
平成176
第一内科助教授に徳田道昭講師、第一内科講師に大西宏明助手、村尾孝児助手が就任
平成184
さぬき市民病院院長に徳田道昭助教授が就任、第一内科講師に坂東修二助手が就任
平成185
卒後臨床研修センター講師に、松原修司助手が就任
平成1910
大西宏明講師が病院准教授に就任
平成204
香川大学医学部附属病院長に石田俊彦教授が就任(内分泌代謝・血液・免疫・呼吸器内科学教授と併任)
平成224
医学教育学教授に岡山大学医学部・歯学部附属病院総合患者支援センター岡田宏基先生が就任
平成232
先端医療・臨床検査医学教授に村尾孝児講師が就任
平成233
内分泌代謝・血液・免疫・呼吸器内科講師に土橋浩章助教が就任
平成234
内分泌代謝・血液・免疫・呼吸器内科教授に宮崎大学医学部内科学講座消化器血液学分野松永卓也准教授が就任
平成234
徳島県病院事業管理者塩谷泰一先生が高松市病院事業管理者に就任
平成234
内分泌代謝・血液・免疫・呼吸器内科講師に今滝 修助教が就任
平成251
地域包括医療学講座教授に窪田良次講師が就任
平成254
独立行政法人国立病院機構 高松医療センター院長に細川 等先生が就任
平成264
卒後臨床研修センター長に松原修司講師が就任
平成266
診療科再編に伴い、血液内科診療科長に今滝修講師、膠原病・リウマチ内科診療科長に土橋浩章講師、呼吸器内科診療科長に坂東修二講師が就任
平成266
医学部附属病院新病棟完成に伴い、病棟移転(南病棟7階に血液内科、膠原病・リウマチ内科、6階に呼吸器内科、5階に内分泌代謝内科)
平成267
講座再編に伴い、内分泌代謝・血液・免疫・呼吸器内科から血液・免疫・呼吸器内科に名称変更
平成268
高松赤十字病院副院長に大西宏明先生が就任
平成274
血液・免疫・呼吸器内科教授に京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 門脇則光准教授が就任(血液内科診療科長併任)
平成295
医学教育学講座准教授に坂東修二講師が就任
平成296
血液・免疫・呼吸器内科 講師、呼吸器内科診療科長に石井知也助教が就任
平成297
血液・免疫・呼吸器内科 准教授に土橋浩章講師が就任