グループチーフからのごあいさつ

血液内科
教授門脇 則光

詳細を見る

膠原病・リウマチ内科
診療科長・准教授土橋 浩章

詳細を見る

呼吸器内科
診療科長・講師坂東 修二

詳細を見る

血液内科

血液内科
教授門脇 則光

血液の病気の患者さんに笑顔を!

血液内科では、血液細胞(赤血球、白血球、血小板)の疾患、特に白血病、悪性リンパ腫などの造血器腫瘍(血液のがん)の臨床、研究、教育を行っています。

造血器腫瘍は、がんの中でもさまざまな内科的治療がとりわけよく効きます。化学療法(抗がん剤の治療)が治療の中心で、時に応じて放射線療法も行います。また、最近は分子標的療法がめざましく発展しています。そして、造血器腫瘍に特有の強力な治療として、造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、臍帯血移植)があります。これらさまざまな手段を駆使することにより、昔は不治の病と見なされていた造血器腫瘍が数多く完治するようになっています。さらに、今後は免疫療法の発展が見込まれ、造血器腫瘍の治療が一層進歩するのは間違いありません。

こうした治療のうち、最も専門的な能力を必要とするのは、ほかの人から造血細胞を移植する同種造血幹細胞移植です。この治療は、ドナーの選択に始まり、移植に先立つ強力な治療、移植後の最大の合併症であるGVHD(移植片対宿主病)、そしてさまざまな感染症を克服して初めて完結します。そのためには、クリーンルームを含むさまざまな感染症対策、免疫抑制剤、医師・看護師・薬剤師・栄養士・理学療法士などからなるチーム医療が必要です。私たち香川大学血液内科は、前身である第一内科において1988年に四国で初めて同種骨髄移植を行って以来、香川県内の移植医療をリードしてきました。また、香川県では、いろいろな病院で血液疾患の診療に携わる職種の人が集まって定期的に研究会を開き、交流を深めており、香川大学血液内科はその中心メンバーです。このような活動を行う都道府県は珍しく、この医療スタッフの団結の強さによって、香川県の血液疾患診療の連携がスムーズに行われています。

A0770

A0864

研究面では、造血器腫瘍の発がんメカニズムを分子生物学的手法で解明する研究とともに、近未来に大きく発展することが期待される免疫療法の研究を中心に据えて行っています。免疫療法はあらゆるがんのこれからの治療として期待が集まっていますが、造血器腫瘍には取り分けよく効くと考えられます。私たちはこのような新たな治療法を開発し、血液疾患治療の発展に貢献していきます。

また、血液内科のスタッフは非常に教育熱心、勉強熱心で、当科で実習や研修を行った若い人は、一様に当科スタッフの面倒見の良さに感嘆します。

以上のような臨床・研究・教育におけるすべての努力が、最終的に、血液の病気の患者さんに笑顔を届けることにつながっていきます。この思いを胸に、血液内科のスタッフは一致団結して日々励んでいます。多くの若い人が集い、血液疾患の患者さんを助ける喜びを私たちと分かち合うことを願っています。

A0813

膠原病・リウマチ内科

膠原病・リウマチ内科
診療科長・准教授土橋 浩章

患者さんの人生のパートナーに

免疫グループの主宰、膠原病・リウマチ内科の診療科長としてご挨拶申し上げます。

当グループは倉田典之先生(現宇多津病院理事長)が初代のチーフとして創設され、その後、徳田道昭先生(現さぬき市民病院院長)が引き継がれました。2006年から現在に至るまで私が主宰しております。2006年の学内のスタッフは1名でしたが現在は8名のスタッフで運営できるようになりました。2016年および2017年にも新しい仲間が加わることが決まっており大変心強く思っています。また県外からの希望者もあり期待しています。女性スタッフが多いのも特徴であり、女性患者が多いフィールドには必須であると考え積極的に女性の参画を呼びかけています。

研究・教育・診療のいずれの領域においても個々のスタッフがidentityを確立することが出来るよう心がけています。それぞれの詳しい内容は是非別項をごらん頂きたいと思いますが、地方大学の拠点施設として中央の専門施設に勝るとも劣らない診療体制を自負しています。特に診療・教育においては『田舎の膠原病・リウマチ専門医養成所』と称しグローバルに通用する膠原病・リウマチ専門医の育成に力を注いでいます。膠原病・リウマチ診療のフィールドでは正確な全身の身体所見を取得する能力が必須であり且つ臨床検査所見の判断能力、患者様とのコミュニケーション能力などが要求されます。『1症例1症例を大切に』をモットーに患者様の人生のパートナーになれる専門医を養成するべく学生教育から初期研修・専門医教育まで行っています。

A0646

その他の当グループの特徴としては(1)開発治験・医師主導型臨床研究が多い。(2)県内および中四国さらには国内でのオピニオンリーダーである。(3)学内外のネットワークが構築されている。(4)国内外で最先端診療・特殊医療を導入しているなどがあります。

我々の仕事の目的は社会貢献にあります。医師としての我々の仕事はその社会貢献に直結できる恵まれた仕事です。社会貢献を通じてそれぞれが人生の足跡を残せるように頑張っています。医師としての仕事で享受できる歓びや楽しさは沢山あります。でも医師の仕事の9割はしんどいことばかりです。我々は残りの1割の歓びや楽しさがあるから頑張れるのだと思っています。是非我々と一緒に究極の歓びを共感し、しっかりと足跡を残せるような仕事をしませんか?お待ちしています。

A0641

A0439

呼吸器内科

呼吸器内科
診療科長・講師坂東 修二

愛と和と創造

呼吸器グループのチーフとして一言ご挨拶申し上げます。

呼吸器グループは塩谷泰一先生(現高松市病院事業管理者)を初代グループチーフとして発足し、その後、藤田次郎先生(現琉球大学医学部附属病院長)から私(坂東)へと引き継がれ、約30年の歴史を刻んでまいりました。この間、呼吸器グループで研鑽を積まれた先生方が、香川県立中央病院、坂出市立病院、三豊総合病院、高松医療センター、さぬき市民病院等の県内基幹病院における呼吸器内科の責任者として赴任し、香川県の呼吸器診療を支えてまいりました。現在では、香川県の呼吸器内科専門医は、その出身大学にかかわらず共に勉強し、一致協力して患者さんの治療にあたっており、県全体に高い診療レベルが保たれています。

A0488

A0554

一方、我々のこの着実な歩みにも関わらず、香川県における呼吸器内科専門医数はその患者数に比して少ない現状にあります。我々、呼吸器グループとしては香川県における呼吸器疾患を有する患者さんが安心して医療を受けられるよう、常に最先端の診療技術を習得し、提供するのみならず、将来の香川県を担う呼吸器内科医の育成が最重要課題と考えています。是非、多くの若い先生には当科に来て頂いて、我々と一緒に仕事をする中で呼吸器病学の楽しさと奥深さを感じて頂ければと思っています。

我々呼吸器グループは、今後も診療、教育および研究のあらゆる側面で“愛と和と創造”の精神をもって精進していく所存です。どうぞよろしくお願いいたします。

A0687

A0537